Macの起動と同時に、指定したアプリを自動的に起動させる方法

Mac起動後に毎回立ち上げるアプリを予め設定しておくことで、作業のスタートダッシュが可能に

Macbookpro apps on a dock

【img via MacBook Pro by Bramus!

Macを立ち上げた時に必ず使用する、というアプリはないだろうか。Macを起動するたびに必ず起動するのであれば、予め起動するように設定しておくことで時短になる。本記事ではMac起動時に指定したアプリを起動する方法を解説する。

「システム環境設定」の「ユーザーとグループ」から設定

ログイン時に起動するアプリを指定しておけば、作業開始に手間取ることもないだろう。設定方法は以下のとおり。

まずは「システム環境設定」を開き、「ユーザーとグループ」をクリックする。左側にユーザー名、右側にそのユーザー名に対する「パスワード」と「ログイン項目」というタブが表示されている。「ログイン項目」を選択する。
Login item on a mac

下記のように、ログイン時に自動的に起動するアプリケーションが一覧で表示される。他にも追加したい場合は左下にある「+」ボタンをクリックして追加したいアプリを選択すれば完了だ。
Login item on a mac

ログイン項目にあるチェックボックスは、ログイン時に隠したい(アプリケーションが前面に表示されず、起動だけされる状態)アプリケーションを選択する。起動時にGoogle Chromeを立ち上げておきたいが画面上に表示したくない、という場合に便利だ。

注意しなければならないのは、このログイン項目が増えれば、システムの起動時間は長くなる。必ず起動しておきたいアプリケーションのみ、選択することをおすすめする。

関連キーワード
公開情報
更新日2020年11月21日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Macの使い方・設定」新着記事
トレンド検索