2017年発売のiPhoneの筐体は全面ガラス製、有機ELディスプレイ搭載?!

Iphone7 7plus concept
iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」は現行モデルよりも落とした時に割れやすくなる可能性が高くなりそうな予感……。

KGI SecuritiesのMing-Chi Kuo氏が公開した投資家向けの最新レポートによると、Appleは2017年に発売するiPhoneの筐体をアルミ製から全面ガラス製に切り替え、有機ELディスプレイが搭載されると予想している!

「iPhone 7」ではなく「iPhone 7s」で大幅刷新か

2年ごとに大幅刷新されてきたiPhoneだが、今のところ報じられている情報によると今秋発売予定の「iPhone 7」はあまり劇的な変化は期待できそうにない。

今回公開されたレポート内容は以前Kuo氏が公開したレポートに通じる部分がある。先月末、同氏は2017年に発売される新型iPhoneが「iPhone 4」のようなデザインを採用し、有機ELディスプレイを搭載し、ワイヤレス充電にも対応すると予想していた。


iPhone 4」と「iPhone 4s」はフロントパネルとバックパネルに全面ガラスを採用し、ステンレススチールのバンドで繋ぎ合わせていた。今回の情報によると「iPhone 7s/7s Plus」は「全面ガラス」になることから、パーツをどのように組み合わせるのかは気になるところ。

iphone-4s-igosso 【image via superstrikertwo

有機ELディスプレイの搭載も以前から噂されている。採用することによって本体の薄型化と軽量化に貢献する他、電池持ち改善にも繋がると期待される。

2017年に発売される新型iPhoneと言えば5.8インチモデルの登場も噂されている。本体サイズを変えずにディスプレイサイズを0.3インチも大きくすることができる可能性があるとしたら、以前特許を取得した「Touch ID」内蔵型ディスプレイに関する技術を利用するのだろうか。


「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」の売上不振が目立つApple。原因は前モデルと比べた変化の乏しさだと言われているが、大幅刷新が今年ではなく来年になるとすると「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の売れ行きもあまり期待できそうにない。

個人的にはデュアルレンズカメラには期待しているが、果たしてどうなることやら……。


(via 9To5Mac

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. Super Mario Run、セキュリティ上の理由でオフラインモードは提供せず
  2. 「AirPods」の発売遅れ、理由は技術的な問題?量産の問題?
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 【サイバーマンデー】Ankerの人気モバイルバッテリーやUSB急速充電器、高耐久ケーブルが特価販売中!
  5. 【サイバーマンデー】Amazon年内最後のビッグセール5日目の特選品