【レビュー】「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」を徹底比較ーー使い勝手はどう?買うならどっち?

「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」を徹底比較
僕は「iPhone 6 Plus」から「iPhone 6s」にサイズダウンすることを決意し、発売日に無事「iPhone 6s」を手に入れた。「iPhone 6s」を使ってみた3日間の感想は以下の記事にまとめた。


ただ、使えば使うほど「何か違う」感が僕の中で高まってきていた。多くの人に相談してみた結果、つべこべ言っている暇があったら買って自分自身で試した方が良いという結論にいたり、購入を決意。「iPhone 6s Plus」のスペースグレイモデルを入手した。


この数日間、僕は「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」を行ったり来たりしてきた。両端末をポケットに入れて生活し、同じ操作を同時に試し、持つ手を変え再度同じ操作をしてみるなど、自分に合うのはどっちなのかを徹底的に検証してきた。SIMの入れ替え、「Apple Watch」の再同期、LINEアカウントの再認証も1日ごとに行った。

その結果、僕はようやくどちらを使い続けるかを決めることができた。手元にある「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」の写真の写りから電池持ち、操作感などを徹底的に比較したので、4.7インチモデルと5.5インチモデルどちらを買うべきか悩んでいる人は参考にどうぞ!

スペック・仕様・ベンチマーク比較

まずは改めて「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」のスペックを確認し、各種ベンチマークツールを利用してそれぞれのベンチマークスコアを紹介しておく。

「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」のスペック・仕様

iPhone 6siPhone 6s Plus
プロセッサーA9(64bit)
M9(モーションコプロセッサー)
ディスプレイ4.7インチ
3D Touch搭載
1,334✕750ピクセル
326ppi
5.5インチ
3D Touch搭載
1,920✕1,080ピクセル
401ppi
外向きカメラ
(iSight)
1,200万画素
f値2.2
Live Photos
True Toneフラッシュ
バーストモード
「Focus Pixels」オートフォーカス
パノラマ(最大63メガピクセル)
1,200万画素
f値2.2
Live Photos
True Toneフラッシュ
バーストモード
光学式手ぶれ補正
「Focus Pixels」オートフォーカス
パノラマ(最大63メガピクセル)
内向きカメラ
(FaceTime)
500万画素
f値2.2
720p HDビデオ撮影
バーストモード
パノラマモード
スローモーションビデオ
Retina Flash
動画撮影4Kビデオ撮影(3,840 x 2,160、30fps)
1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)
True Toneフラッシュ
1080p(120fps)および720p(240fps)のスローモーションビデオに対応
連続オートフォーカスビデオ
再生ズーム
BluetoothBluetooth 4.2
Wi-Fi802.11a/b/g/n/ac
Touch ID
NFC
Siri
VoLTE
センサー気圧計
3軸ジャイロ
加速度センサー
近接センサー
環境光センサー
指紋認証センサー
電池持ち通話時間:最大14時間(3G)
連続待受時間:最大10日間
インターネット利用:最大10時間(3G)
インターネット利用:最大10時間/11時間(LTE/Wi-Fi)
通話時間:最大24時間(3G)
連続待受時間:最大16日間
インターネット利用:最大12時間(3G)
インターネット利用:最大12時間(LTE/Wi-Fi)
電池容量1,715mAh2,750mAh
容量16GB
64GB
128GB
縦幅138.3mm158.2mm
横幅67.1mm77.9mm
厚さ7.1mm7.3mm
重さ143g192g
カラーローズゴールド
シルバー
スペースグレイ
ゴールド
価格
(SIMフリー・税別)
16GB: 86,800円
64GB: 98,800円
128GB: 110,800円
16GB: 98,800円
64GB: 110,800円
128GB:122,800円

特筆すべき違いは電池持ち・光学手ブレ補正・大きさ・重さ

「『iPhone 6s』と『iPhone 6s Plus』って大きいか小さいかだけの違いでしょ?」と言われることもあるが、概ねそれはそれで正解だが、光学手ブレ補正の有無電池持ちの違いについては覚えておくべし。

また、「iPhone 6s Plus」に関しては使い続けているとその重さに気が付く。「iPhone 6 Plus」から「iPhone 6s」に変えると172gから143gになるためむしろ軽すぎて最初のうちは落としてしまいそうで不安だった。一方、192gになった「iPhone 6s Plus」は想像以上の重さだ。ケースを付けるとさらに重くなり、ポケットに「iPhone 6 Plus」以上の存在感がある。

「GeekBench 3」によるベンチマークスコア比較

「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」を徹底比較
まずはベンチマークテストアプリといえば王道の「Geekbench 3」で性能を測定してみることに。このアプリはCPUおよびバッテリのベンチマークに特化したベンチマークアプリとなっていて、端末のブレインがどれほど頭良いのかを知ることができる。

左が「iPhone 6s」、右が「iPhone 6s Plus」のベンチマークスコア。


CPUは「iPhone 6s」の方が上

僅かな差ではあるが、CPUに関しては「iPhone 6s」の方が「iPhone 6s Plus」の性能を上回ることが判明。後ほど紹介するが、実際「iPhone 6s」の方がすべての動作がキビキビしているような印象を受ける。

「GFXBench GL 3.1」によるベンチマークスコア比較

「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」を徹底比較
続いて3Dグラフィックの性能を測定する「GFXBench GL 3.1」によるベンチマークテストを実施してみることに。左が「iPhone 6s」、右が「iPhone 6s Plus」のベンチマークスコア。



グラフィック性能も「iPhone 6s」の方が上

グラフィック性能に関しては、高レベルのテストは「iPhone 6s」が「iPhone 6s Plus」を上回る結果を出しつつも、低レベルのテストでは「iPhone 6s Plus」が勝つテストもあった。

高レベルのテストに関しては「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」を比較しても同様の結果になることから、より大きく高解像度なディスプレイを出力しなければならない5.5インチモデルの方が負荷が高く、結果的に数値に影響を及ぼしているのかもしれない。

「JetStream」によるベンチマークスコア比較

「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」を徹底比較
最後にSafariにおけるJavascriptのレンダリング速度を測定するウェブ上のベンチマークツール「JetStream」でベンチマークスコアを測定してみることに。左が「iPhone 6s」、右が「iPhone 6s Plus」のベンチマークスコア。



ほぼ同じ、「iPhone 6s」が僅かに上回る

こちらは複数回のテストによってほぼ同等のスコアであることが判明。毎回僅かに「iPhone 6s」が上回る結果となった。

カメラの実力はいかに?!シーン別の写真で比較

続いて「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」のカメラ性能を比較して見ることに。今回僕が意識したのは薄暗い場所でサクッと撮った時の写真のクオリティ。言葉で説明するよりも見てもらった方が早いと思うので、いかにiSightカメラで撮った写真を2枚、FaceTimeカメラで撮った写真を1枚載せておく。

家の中で撮った眠そうな犬

まずは家で背中に日差しを浴びて横になっていた我が家の犬の写真。「iPhone 6s Plus」の方が全体的に明るいが、実はズームインするとしっかりとフォーカスがあっていることが分かる。

▼「iPhone 6s」で撮影した写真。
IPhone 6s Photo Sample
▼「iPhone 6s Plus」で撮影した写真。
IPhone 6s Plus Photo Sample

薄暗い店内における肉料理の写真

iPhoneで撮る写真の被写体になる確率が最も高いのは恐らく意識の高い食事をした時だろう。お肉にピントを合わせたので白く飛んでいるが、「iPhone 6s Plus」の方がピントが合っている。

▼「iPhone 6s」で撮影した写真。
IPhone 6s Photo Sample
▼「iPhone 6s Plus」で撮影した写真。
IPhone 6s Plus Photo Sample

夜道に人目を気にせず真剣に自撮り

最後にFaceTimeカメラで再度自撮りをしてみることに。ここで個人的に気になっていたのはより大きい画面を持つ「iPhone 6s Plus」の方が明るい写真になるのかどうか。

撮ってみた結果、確かに「iPhone 6s Plus」の方が光量が多く明るい写真にはなったものの、カラーバランスとしては「iPhone 6s」の方が良さそうな気が。同じ距離から撮っているはずが、「iPhone 6s」の方が近く写ることが分かった。これはなぜだろう。

▼「iPhone 6s」で撮影した写真。
IPhone 6s Photo Sample
▼「iPhone 6s Plus」で撮影した写真。
IPhone 6s Plus Photo Sample

撮影した写真をMacに取り組んで拡大してチェック

続いて、先ほどiSightカメラで撮影した写真をMacに取り込み、写真を拡大してどの程度ピントが合っているのかを確認して見ることに。

大きい画面で拡大してそれぞれの写真を見てみると、その差は一目瞭然。下記をじっくりご覧あれ。

View iPhone6s6splus Photos
View iPhone6s6splus Photos
光学手ブレ補正の効果は確実にあるが、拡大しないと分からない

今回「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」を使って撮影してみた結果、特に暗い場所では光学手ブレ補正の有無は写真のクオリティに影響し、重要な役割を果たしていると感じた。

今回は特に差が出たものを選んで紹介したが、しっかりと脇を締め、両手で構えて写真を撮れば多少暗いところでも「iPhone 6s」には十分通用することも分かった。正直iPhoneの画面上で写真を楽しむ分には「iPhone 6s」でも「iPhone 6s Plus」でも変わらない。より画面が大きくピクセル密度の高い「iPhone 6s Plus」の方が写真を楽しめるような気はするが、それを見分けることができる人はごく一部だろう。

逆にiPhoneで撮影した写真を積極的にコンピュータに取り込み大画面で楽しみたい、という人は「iPhone 6s」の写真では物足りないかもしれない。ディスプレイが大きくなればなるほどピントの甘さは気になるはず。そういう意味でも「iPhone 6s Plus」には光学手ブレ補正が用意され、「iPhone 6s」には用意されていないのかもしれない。

電池持ちで比較

続いて調べてみたのは「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」の電池持ち

寝ている時の電池持ち

今回実験していて最も衝撃的だったのが待ち受け状態の電池持ち。残念ながらどちらも前日のギリギリまで使用していたためスタートの電池残量は異なるものの、おやすみモードを有効にし、画面を下に向けて一晩を過ごした。「iPhone 6s」は83%からのスタート、「iPhone 6s Plus」は42%からのスタート。
IPhone6s 6splus battery life
約8時間半後、電池残量は下記の通り。「iPhone 6s」は30%もバッテリーが消費され、53%に。一方、「iPhone 6s Plus」は19%消費され、23%に
IPhone6s 6splus battery life
一体寝ている間何が起きているのかよく分からないが、どちらも同じ「iPhone 6 Plus」から復元し設定しているため、仮にバックグラウンドで動作しているものがあるとしたら同じように動作しているはず。ただ、この測定時に限らず、「iPhone 6s」の方が寝ている時の電池消費が激しいというのは実感は毎回あった。

普段使いの電池持ち

他にもなるべく普段使いの電池持ちを再現するために、上記の睡眠時における電池持ちを確認後、「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」をフル充電。午前11時過ぎから机の上に放置しつつ、上記ベンチマークテストを同時に行った他、「世界初!ハンドル無しのセグウェイに乗りながら踊るダンス動画が公開」で紹介したYouTube動画を一通り視聴。音楽を聴きながらTwitterを両手で見つつ、同じリンクをタップしつつ、飽きて放置しつつ。

20時20分時点では「iPhone 6s」の電池残量が51%、「iPhone 6s Plus」の電池残量が59%となっている。自宅内で使用しているため、普段よりは使用している時間が圧倒的に少ないが、安定したWi-Fi環境で9時間以上使用してもどちらも電池残量は半分以上残っている

22時20分時点では「iPhone 6s」の電池残量が36%、「iPhone 6s Plus」の電池残量が48%となっている。両端末でGoogle Mapsアプリを開きGPSを使用した他、乗り換え案内アプリで電車を調べるなどをした。位置情報が効いたのか、少し電池残量に差が開いてきた。

23時50分時点では「iPhone 6s」の電池残量が26%、「iPhone 6s Plus」の電池残量が39%となっている。Safariでブラウジング、メモアプリで片手入力のテストなどをした。

改めて「iPhone 6s Plus」の電池持ちは素晴らしいことを再確認した。時折LINEの通知など「iPhone 6s」には来ない通知も受信している上に、常時「Apple Watch」に接続しているため少なからず電池消費は「iPhone 6s」よりも多いはずだが、常に「iPhone 6s Plus」の方が電池残量が多かった。

電池持ちを重要視するなら「iPhone 6s Plus」一択

「iPhone 6s」の電池持ちが悪いとは思わないが、「iPhone 6 Plus」から「iPhone 6s」に変えるとどうしても電池が早く減っているという印象を受けてしまう。1日のどこかで充電する習慣があったとしても、電池の減り方には少し焦りを感じている自分がいた。

使い勝手で比較

続いて「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」の使い勝手の違いについて紹介する。具体的には持った時の「3D Touch」の操作しやすさ、表示される情報量の違い、そして基本的な操作のキビキビ感を比較してみた。

「3D Touch」の使い勝手

まずは「3D Touch」の使い勝手から。下記Vine動画を見てもらえるよく分かるが、やはり「iPhone 6s Plus」はサイズが大きい分、片手で操作するのが難しい。僕は普段右手でiPhoneを持っているのだが、「3D Touch」によるアプリの切り替えを行う場合、「iPhone 6s Plus」の場合は握り方を変える必要があるが、「iPhone 6s」の場合はそのまま簡単に操作できる。



片手打ちの使い勝手、打ちやすさ

片手で操作といえば文字入力。同じくVine動画で片手打ちを撮影したが、間違いなく「iPhone 6s」の方が文字入力がし易い。特に「え」「て」「め」など右手から離れる方向にフリックする文字でも無理なく打つことができる。



表示される情報量の違い、文字やアイコンの大きさの違い

「iPhone 6 Plus」から「iPhone 6s」に変えてみて、手に握った時の持ちやすさに安心感を抱きつつも、いざディスプレイの中を見てみると妙な窮屈さを感じた。「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」を交互に使ってみて、その原因はアイコンや文字、画像など全ての要素が小さくなっていたことだった。

5.5インチディスプレイと4.7インチディスプレでは一度に表示できる情報量が異なる。全ての画像が拡大され、文字も全体的に大きく読みやすい。アイキャッチ画像1つでも見やすさに差がある。
「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」を徹底比較
特に窮屈さを感じたのはホーム画面。手が届きやすいということは素晴らしいことではあるが、「iPhone 6 Plus」のホーム画面に見慣れているとアイコン同士が近すぎるような気がしていた。実際、こうして並べてみるとやはり「iPhone 6s Plus」の方が余裕がある。
「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」を徹底比較
特にアイコン同士の間隔もアイコンそのものの大きさも「iPhone 6s Plus」の方が大きい。
「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」を徹底比較
一度に表示できる情報量の違いという意味では「SmartNews」で見比べてみると特に分かりやすい。タブレットを持ち運ぶほどではないが、最新のニュースを新聞や週刊誌の1面を読み流すようにチェックしたい僕にとっては「iPhone 6s」の表示は少し物足りないことが分かった。
「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」を徹底比較

操作の快適さ、キビキビ感を比較

各種ベンチマークテストで性能を比較した結果、総じて「iPhone 6s」が「iPhone 6s Plus」の性能を上回ることが分かったが、実際に両端末を交互に使用してみた結果、「iPhone 6s」の方が動作がキビキビしているという印象を受けた。

特にSafariでは違いが体感できるほどの差があった。下記Vine動画を参考にどうぞ。アプリの立ち上げからページの表示まで、「iPhone 6s」の方がワンテンポ早い。


片手で操作するのであれば「iPhone 6s」の方が楽

片手で操作できること、片手で文字入力をすることが大事だという人は間違いなく「iPhone 6s」の方が良い。特に実際に自分が文字を打ったり発信することが多い人は4.7インチモデルの方が適していると言えるだろう。

一方、僕のように両手操作に慣れているという人は「iPhone 6s Plus」でも全く問題ないだろう。特にメッセージのやり取りはほどほどに、どちらかと言うとTwitterのタイムラインやFacebookのニュースフィード、RSSのフィード消化などコンテンツの閲覧をすることが多いという人は大きい画面の方が適しているように感じる。

僕の経験上、4.7インチにしてからスクロールの回数が増え、妙に指が疲れた。一度に多くの情報量をまとめて見ることができる5.5インチディスプレイの方が性に合っていたようだ。

直感が大事!僕は「iPhone 6s Plus」に決めた!

「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」を徹底比較
上記の内容をまとめると以下のようになる。

iPhone 6siPhone 6s Plus
電池持ち
CPU性能
GPU性能
JS性能
カメラ
携帯性
文字入力
操作のしやすさ
画面の見やすさ

「iPhone 6s Plus」よりも「iPhone 6s」の方が良いことは一目瞭然だ。電池持ちはモバイルバッテリーで解決し、カメラは意外と普段から一眼レフを持ち歩いているので使う確率は低く、画面の見やすさは慣れるだろう。慣れてしまえばどうにでもなりそうにも思えた。

ただ、僕は「iPhone 6s Plus」にすることに決めた。発売日に手にした「iPhone 6s」は「iPhone 5s」を使い続けている彼女に渡す予定だ。

決断の理由は以下の3つ。

1つは軽すぎること。「iPhone 6 Plus」の存在感に慣れてしまった僕は手にした当初は「iPhone 6s」のコンパクトさを気に入っていたが、次第に何か物足りなさを感じるようになってしまった。

2つ目は画面の小ささに対する違和感と窮屈さに慣れる気配が無かったこと。Macユーザー向けの話になってしまうが、僕の感覚として最も近いのは15インチ型「MacBook Pro Retina」から13インチ型「MacBook Pro Retina」に戻した時。もう戻ることはできない。

3つ目は片手だけでは完全に操作できない中途半端さ。これはレビュー記事にも書いたが、「iPhone 6s」は大抵の操作を片手で行うことはできるが、すべての操作を片手で行うことはできない

どうせ両手で操作することがあるなら大きい画面の方が良い。「iPhone 6 Plus」で鍛えられた両手操作に慣れている僕にとっては何ら問題はなかった。

ただ、これらの理由はある意味補足的な理由。1番の決め手は男子ハック@JUNP_Nにどちらをキープするべきか相談していた時、「iPhone 6s Plus」を推している自分に気付くことができた。悩んでいるときはやはり自分の言葉で誰かに話して聞いてもらうのが1番良いのかもしれない。

結論として、1年間「iPhone 6 Plus」のサイズ感と使い勝手にすっかり慣れてしまった僕は「iPhone 6s」を選ぶこと自体、間違っていたようだ

買うまではもう5.5インチに懲りていたのは事実。もっとコンパクトで持ちやすいiPhoneにしたいと強く思っていた。周りの「iPhone 6 Plus」ユーザーも同じようにサイズダウンを決めていたので何も不安はなかったが、いざ手にしてみた結果、違和感を感じてしまい、最終的にこうして5.5インチモデルに戻ることを決意したのだ。

大きな出費とはなったが、無事納得の行く形で「iPhone 6s Plus」の購入を自身持って決めることができて良かった。今後購入を考えている人が少しでも参考になれば幸いである。


 SIMフリーのiPhoneはApple公式サイトから購入するべし!

  • 学生・教員・PTA役員限定 ▶ 学生・教員向けストア
  • iPhone6s-6splus-Comparison-hero-50.JPG

    gori.meの最新情報をチェック!!

    1. iPhone-7-Plus-Jet-Black-Design-review-05.jpg
      2017年のiPhoneは全面ガラス筐体を採用、ハイエンドモデルのみ縁がステンレススチール製に?!
    2. ios-10-concept-03.png
      「iPhone 8」、シャープ製有機ELディスプレイ搭載か?!交渉中との報道
    3. Apple-Watch-Series-2-Review-04.jpg
      Apple Watch Series 2 ステンレススチールケース レビュー
    4. iPhone-7-Plus-Dual-Lens-Camera-01.jpg
      iPhone 7 Plus ジェットブラック レビュー
    5. iPhone-7-Plus-Jet-Black-Design-review-10.jpg
      「iPhone 7 Plus」のジェットブラック、確かに指紋も傷も簡単に付く