「iPhone SE」の強度、「iPhone 6s Plus」以上「iPhone 6s」以下

iPhone 6s/6s Plus/SEの強度比較実験

iPhone SE」が発売されたことを受け、4インチ・4.7インチ・5.5インチモデルの最新モデルが全て出揃った。「iPhone 6/6 Plus」が登場した頃は強度が甘く、簡単に折れてしまうことが話題となったが、「iPhone 6s/6s Plus」ではその反省を活かして「7000シリーズアルミニウム」を採用。大幅に強度が増している。


では「iPhone SE」の強度は先に発売されている「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」と比較してどうなのか。SquareTrade「iPhone SE」「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」を様々な強度テストを実施した動画を公開していたので、紹介する!

「iPhone SE」、折り曲げテストと耐水テストでは惨敗



上記動画を見てもらえれば内容は全て分かると思うが、以下に実施されたテスト結果をまとめたので、参考にどうぞ!

耐水テスト

耐水性(より長く耐えた順)
1位iPhone 6s30分間でオーディオのみ動作不能に
2位iPhone 6s Plus10分で動作不能に
3位iPhone SE1分で動作不能に

先日紹介した検証動画では「iPhone 6s」と変わらない耐水仕様になっているという結果になった「iPhone SE」だが、今回実施された実験ではまさかの最下位。最も長持ちは「iPhone 6s」という結果に。

耐衝撃テスト

耐衝撃性(ダメージの少ない順)
1位iPhone 6s無傷
2位iPhone SE本体一部の角に傷
3位iPhone 6s Plusディスプレイが粉々に

「iPhone 6s」はなかなかタフだ。巨大な福引ガラガラ抽選器のような機械の中に放り込まれ回されても「iPhone 6s」は無事。「iPhone SE」も健闘し、擦り傷程度で生還。「iPhone 6s Plus」はボロボロで終了した。

落下テスト

ディスプレイ直撃の落下テスト(ダメージの少ない順)
1位iPhone 6s Plus
iPhone 6s
iPhone SE
全モデル、ディスプレイが粉々に

本体角直撃の落下テスト(ダメージの少ない順)
1位iPhone 6s Plus本体一部の角に傷
iPhone 6s
3位iPhone SE5回目の落下で画面割れ、本体もヒビ割れ
10回目で本体とディスプレイが分離

ディスプレイ直撃の落下テストでは3端末いずれも粉々に。やはりディスプレイがコンクリートに当たるとどうしようもないようだ。

一方、角に当たった場合、「iPhone 6s」シリーズは検討。10回にも及ぶ落下テストを擦り傷程度で終える。「iPhone SE」は耐えられず、10回目のテスト後にはボロボロに。

折り曲げテスト

折り曲げテスト(強度の高い順)
1位iPhone 6s Plus190lbs
2位iPhone 6s170lbs
3位iPhone SE160lbs

最も折り曲げテストでスコアが良かったのはなんと5.5インチモデル。逆に最も弱かったのは逆に1番強いかと予想していた「iPhone SE」。形状よりも使われている素材の方が強度に貢献してくれるようだ。

キング・オブ・強度は「iPhone 6s」!「iPhone SE」は一歩及ばず

総合スコア(壊れやすい順)
1位iPhone 6s
2位iPhone SE
3位iPhone 6s Plus

結論として最もタフなiPhoneは「iPhone 6s」という結論に。「iPhone SE」は一歩及ばず、2位。「iPhone 6s Plus」はそのサイズゆえ、強度という点に関しては3端末の中で最下位という結果になった。

「iPhone SE」のレビュー

 SIMフリーのiPhoneはApple公式サイトから購入するべし!

  • 学生・教員・PTA役員限定 ▶ 学生・教員向けストア

  • (via MacRumors

    オススメ

    gori.meの最新情報をチェック!!

    1. Super Mario Run、セキュリティ上の理由でオフラインモードは提供せず
    2. 「AirPods」の発売遅れ、理由は技術的な問題?量産の問題?
    3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
    4. 【サイバーマンデー】Ankerの人気モバイルバッテリーやUSB急速充電器、高耐久ケーブルが特価販売中!
    5. 【サイバーマンデー】Amazon年内最後のビッグセール5日目の特選品