新型「MacBook Air」は4K@30Hzの出力に対応、新型「MacBook Pro Retina」は4K@60Hzの出力に対応!

4k display 【img via The Verge

スペック不足で4Kディスプレイの出力ができなかった「MacBook Air」ユーザーの皆さん。もしくは、4Kディスプレイには出力できても60Hzで出力することはできない13インチ型「MacBook Pro Retina」ユーザーの皆さん。

最新モデルに買い替えましょう!その悩み、「Early 2015」モデルであればどちらも解決できる!


本日、Apple サポートの「Mac コンピュータで 4K ディスプレイと Ultra HD TV を使う」ページが更新され、新しい11/13インチ型「MacBook Air (Early 2015)」は4K@30Hzの出力に対応し、新しい13インチ型「MacBook Pro Retina (Early 2015)」は4K@60Hzに対応したことが明らかになった!

MacBookシリーズ、4Kディスプレイの出力にほぼ対応

12インチ型MacBookの公式ページに「本体ディスプレイで標準解像度、外部ディスプレイで最大3,840 x 2,160ピクセル表示を同時サポート」と明記されていることから、非Retinaディスプレイ搭載の13インチ型「MacBook Pro」を除けば全MacBookシリーズが4Kディスプレイの出力に対応したことになる。素晴らしい!

MacBook Pro 13inch
「Supported displays and configurations」の下に「MacBook Air (Early 2015)」が追加されている。


via Using 4K displays and Ultra HD TVs with Mac computers – Apple Support


また、「Multi-Stream Transport (MST) displays」には「MacBook Pro (Retina, 13-inch, Early 2015)」が追加されている。15インチモデルは「Late 2013」モデルから4K@60Hzに対応していたことから、13インチも今回のアップデートでようやく肩を並べることができた。

  • MacBook Pro (Retina, 15-inch, Late 2013 and later)
  • MacBook Pro (Retina, 13-inch, Early 2015)
  • Mac Pro (Late 2013)
  • iMac (Retina 5K, 27-inch, Late 2014)

via Using 4K displays and Ultra HD TVs with Mac computers – Apple Support


なお、60Hzで4Kディスプレイを出力した場合、残っているThunderbolt 2ポートからもう1台4Kディスプレイを出力することはできない。

MST モードで 60 Hz 出力のディスプレイを MacBook Pro (Retina, 15-inch, Late 2013) または iMac (Retina 5K, 27-inch, Late 2014) で使用する場合、追加で接続できる Thunderbolt Display は 1 台だけです。

via Mac コンピュータで 4K ディスプレイと Ultra HD TV を使う – Apple サポート


<追記:2015年3月25日 9時19分>
Ars Technicaの調べによると、「MacBook Air (Early 2015)」は4K@60Hzに対応することが発覚した。詳しくは以下の記事からどうぞ!


 新しいMacはCPUやRAMが自由にカスタマイズできるApple公式サイトから購入するべし!



(via Appleちゃんねる

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 僕が遭遇した15インチ型「MacBook Pro (Late 2016)」の不具合まとめ
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 「MacBook Pro (Late 2016)」専用のUSB-Cハブ「HyperDrive」が登場
  5. 精算不要の「Amazon Go」、登場!万引きにしか見えない最先端スーパー