iPhone 13を待つべきかは、Touch ID次第だ

今iPhone 12を買っても良いのか、それともiPhone 13を待つべきなのか

IPhone13 with InDisplay Touch ID Concept Image 01

2021年の新型iPhone(iPhone 13)は、例年通り9月頃に発表および発売がされると見られる。iPhoneの購入を検討している場合、iPhone 12シリーズを買うべきか、「iPhone 13」シリーズまで待つべきか、悩んでいる人もいるだろう。

「iPhone 13」シリーズを待つべき理由があるとすれば、指紋認証Touch ID)の搭載。本記事ではその理由を解説する。

iPhone 13がマイナーアップデートなら、待つべき理由は限られる

「iPhone 13」シリーズはマイナーアップデートになるため、一部ではナンバリングは変わらず「iPhone 12s」シリーズになるとも言われている。これまで報じられている噂によると、主な特徴は以下のとおり。

チップ性能はすでに十分高性能、カメラ性能は超広角レンズの進化が中心

iPhoneのチップ性能とカメラ性能が向上するのは、毎年恒例のアップデート内容だ。「iPhone 13」シリーズはA15 Bionicチップを搭載するだろう。

カメラは主に超広角レンズの性能向上が噂されている。超広角レンズを多用しており画質にこだわるのであれば「iPhone 13」シリーズを待つべきだが、大多数の人は通常のレンズ(広角レンズ)を使用しており、待つほどのアップデートにはならない可能性が高い。

ノッチの横幅が減っても、ユーザー体験の差はあまり変わらない

ノッチは横幅が減ると噂されているが、ステータスバー部分が左右に分割されている状況に変わりはない。iPhoneの電池残量が常時表示になる可能性はあるが、買い換える理由にはならないだろう。

Macotakara iphone13pro mockup
「iPhone 13 Pro」のスピーカー部分:「Alibaba:3D mock-up iPhone Pro 2021」よりキャプチャ

5Gミリ波をサポートしても対応エリアが限られている

iPhone 12シリーズではサポートされなかった5Gのミリ波は、「iPhone 13」シリーズでは米国以外も対応する可能性がある。しかし日本国内のミリ波対応エリアはおろか、Sub6の対応エリアも限られており、恩恵を受けられるかは不明だ。

120Hzディスプレイはないと困るものではない

120Hzリフレッシュレートのディスプレイは、「iPhone 13 Pro」シリーズに搭載される可能性が高い。見比べるとアニメーションの滑らかさは一目瞭然だが、電池持ちは多少なりとも犠牲になる。

iPhone 12シリーズは60Hzディスプレイを搭載している。現状で不満がなければ、120Hzディスプレイのために待つ必要はない。

iPhone 12シリーズを購入する ▶ ソフトバンク / au / ドコモ / Apple

iPhoneとしての使い勝手が大きく変わるのはTouch IDのみ

「iPhone 13」シリーズを待つべき理由があるとすれば、指紋認証(Touch ID)の搭載だ。iPhoneの使い方を大きく変える新機能だからだ。

「iPhone 13」シリーズのTouch ID搭載は、ディスプレイに内蔵することで実現すると見られている。Apple情報に詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏や正答率が100%に限りなく近いリーカーの有没有搞措氏を始め、BloombergやWSJなどの主要メディアもTouch ID復活を予測しており、実現可能性が高い

顔認証(Face ID)とマスクの相性は最悪だ。新型コロナウイルスが収束したとしても、花粉症シーズンをはじめ、マスクをしたいときはFace IDよりTouch IDのほうが便利だ。iOS 14.5では、マスク着用時でもApple WatchでiPhoneのロック解除が可能になる新機能が追加されるが、恩恵を受けられるのはApple Watchを持っている人に限定される。Apple Watchがない人で指紋認証を必要とするのであれば、iPhone 12シリーズは見送り「iPhone 13」シリーズまで待つべきだろう

「iPhone 13」シリーズのTouch IDは、Face IDを置き換えるのではなく共存する見通し。ゴリミーの情報筋によると、Face IDはメインの生体認証として位置づけられ、Touch IDはサブになるそうだ。

WSJは、Appleは現状のTouch IDに匹敵するセキュリティレベルを必ず実現すると予測。裏を返せばTouch IDが復活してもセキュリティレベルはFace IDには満たない可能性が高く、メインの生体認証にはなり得ないだろう。Apple Watchとの連係機能と同等の使い勝手にはなったとしても、通信によるタイムラグがない点、Apple Watch不要でもロック解除できる点において優位性がある。

「iPhone 13」シリーズ全機種にTouch IDが復活するかは不明だ。特に注目されるのは「iPhone 13 mini」だ。売れ行き不振が囁かれるiPhone 12 miniは、高い価格を”正当化”する機能が不足している。Touch IDが搭載されていれば、iPhone SEよりも3万円以上高く払う価値を見出だせる人もいるだろう。

「iPhone 13」シリーズでTouch IDの復活は、あくまでも噂。複数のリーカーやメディアの予測一致を理由に実現可能性が高いとしている。正式発表まで何でも起こり得るが、Touch IDが絶対に欠かせないのであれば、iPhone 12シリーズは見送り「iPhone 13」シリーズまで我慢しよう。

なお「iPhone 13」シリーズは、Lightningポートを廃止した完全ワイヤレスモデルの登場、1TBのストレージモデルの用意が噂されている。これらを重要視するのであれば、9月まで待つべきだろう。

関連情報
更新日2021年04月11日
コメント(3件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. ニックネーム(任意)(コメントID:597726)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:597690)
    指紋認証…半年以上iPhone12に後ろ髪引かれながら待ちぼうけして、結局出て来ないなんてなったら最悪ですね。 とりあえずは、iOS14.5がリリースされたあとにApple Watchによるロック解除を宣伝するのか、どのように宣伝するのか、によってiPhone13シリーズに指紋認証が搭載されるかどうかが推察できるかもしれません。 大々的に宣伝なんかしだしたら、まず指紋認証の搭載は無いと思いますよ。

    画面内指紋認証には,ポケットから取り出しながら認証したいときに,指を抑えつける位置が分かりづらいという問題があるということを,AndroidをレビューしているYoutuberが言っていたことがあります.iPhone 13がどのような形で指紋認証を搭載する,もしくはしないのかは分かりませんが,もし搭載されなかったらSE2でも買いますかね...(指紋認証の搭載方法も微妙だったらちょっとってかんじです.)
    iPad Air 4にもTouch IDが搭載されたので,何かしらあると信じたいですね.

  2. 通りすがりの読者(コメントID:597690)

    指紋認証…半年以上iPhone12に後ろ髪引かれながら待ちぼうけして、結局出て来ないなんてなったら最悪ですね。

    とりあえずは、iOS14.5がリリースされたあとにApple Watchによるロック解除を宣伝するのか、どのように宣伝するのか、によってiPhone13シリーズに指紋認証が搭載されるかどうかが推察できるかもしれません。
    大々的に宣伝なんかしだしたら、まず指紋認証の搭載は無いと思いますよ。

  3. 通りすがりの読者(コメントID:597679)

    保護フィルム付けたら使えなくなるor認証が上手くいかなくなるとかなら正直いらないかなーって思ってます
    流石に画面保護の方を優先したい

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索