【MarsEdit】記事執筆とは直接関係ないが、ちょっとした手間が省けるキーボード・ショートカット7選

MarsEdit
記事作成には「MarsEdit 」は欠かせないg.O.R.i(@planetofgori)デス。ブログを書いている人の多くが使用しているエディターだ。

仕事に欠かせない相棒であるため、僕の「MarsEdit 」は記事執筆を効率化するためにところどころカスタマイズしているが、記事執筆以外でもキーボードショートカットを活用すればちょっとした手間が省けるということに気が着いた。

例えば、書いた記事をブログに送信する時。記事の公開日付を変更する時。プレビューを表示する時。キーボードだけで利用できる機能が意外とあるのだ!

今回は記事執筆とは直接関係ないが、知っておくと手間が省ける「MarsEdit」のキーボード・ショートカットをまとめたので、紹介する!

知らなくても困らないが、知っていると手間が省けて楽

ちょっとした手間が省けるキーボード・ショートカットは以下の通り!

キーボード・ショートカット実行内容
command + shift + d書いた記事をブログに送信する
command + shift + tリッチテキスト形式で編集する
command + shift + iメディアマネージャーを開く
alt/option + command + l日付を編集
shift + command + oポストのオプション(カテゴリなど)を表示・非表示する
shift + command + pプレビューを表示する
command + /ステータスバーを表示・非表示する

これらのキーボード・ショートカットは記事執筆を劇的に効率化したり、アクセスが跳ね上がったり、収益が突然増えたりするような魔法のキーボード・ショートカットではない。知っておくと手間が省けて少しだけ便利、というもの。知らなくても大して困らないだろう。

ただ、僕のように何でもキーボードだけで操作したい人にとってはこれらのショートカットキーを知っておくだけで作業が快適になる。

最近気に入っているのは「ポストのオプションの表示・非表示」。画面の広さを余計に取らなくて良いように、カテゴリを選択するときのみ表示し、選択し終わったら非表示にする。「shift + command + o」でササッと表示・非表示を切り替えることができて便利だ。

メディアマネージャーの表示」や「プレビューの表示」も同じことが言える。常時表示している必要はないが、ササッと確認したい時にショートカットキーでそれぞれを立ち上げることができると非常にスマートな気分になる。

画面が狭い「MacBook Air」などを使っている人はお試しあれ

僕は普段は15インチ型「MacBook Pro Retina」を最高解像度で使い、自宅では28インチ型4Kディスプレイを繋げている。それでも画面が狭いと感じることがあるので、11インチ型「MacBook Air」などを使っている人は大変に違いない!


狭い画面でも快適にブログを書けるようにするためにも上記キーボード・ショートカットを使いこなすべし!

あわせて読みたい
もっと読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 「Apple Pencil 2」、新型「iPad Pro」と同時に2017年3月に発表か
  2. 「iPhone 8」、5.8インチ型の全面ディスプレイに?!各種センサーは画面内に内蔵、新センサーも搭載?!
  3. TUNEWEAR、「ALMIGHTY DOCK TB1」を発表!最大40Gbpsの高速通信、最大5Kまでのディスプレイ出力に対応
  4. 「iPhone 8」、高速ワイヤレス充電対応か?サプライヤーがチップを提供へ
  5. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法