外部ディスプレイのリフレッシュレートを60Hzから30Hzに変更する方法

30Hzに落とせば出力に必要とする帯域が少なくなり、出力元のデバイスへの負担も軽減される

How To Set Displays to 30Hz 03

Macに接続している外部ディスプレイのリフレッシュレートを、60Hzから30Hzまで変更する方法を解説する。60Hzは描画が滑らかになるが、30Hzに落とせば出力に必要とする帯域が少なくなる。出力元のデバイスへの負担も軽減される。

僕は、16インチ型MacBook Pro(2019)から「Blackmagic eGPU Pro」を介して「34WK95U-W」と「27UK650-W」の出力を試みたが、1本のThunderbolt 3ケーブルでは帯域不足が原因でスリープから正常に復帰できない。

2本目のThunderbolt 3ケーブルを用意し、いずれかの外部ディスプレイMacBook Proから直接出力すれば解決するが、「MacBook Proから1本のケーブルで2枚のディスプレイを出力する」という仕組みを実現するべく、サブディスプレイのリフレッシュレートを30Hzに下げることにした。

ディスプレイ設定から”隠し設定”を表示

「システム環境設定」の「ディスプレイ」を開き、リフレッシュレートを変更したいディスプレイの設定画面を開く。
How To Set Displays to 30Hz 00

通常では上記のような設定画面になっているが、「alt/option」を押しながら「変更」ボタンをクリックすると”隠し設定”が出現する。デフォルトの設定画面では表示されていない解像度が指定可能になる。
How To Set Displays to 30Hz 01

続いて「低解像度モードを表示」をクリックすると、指定可能な解像度に低解像度の選択肢が用意されると同時に、「リフレッシュレート」と書かれた項目が出現する。
How To Set Displays to 30Hz 02

30Hzを指定すれば設定は完了。
How To Set Displays to 30Hz 03

なおMacによっては内蔵ディスプレイのリフレッシュレートも変更可能だが、編集または表示するビデオのリフレッシュレートに合わせることが目的で用意されている。
How To Change refresh rate Inner Display 01

関連情報
更新日2020年08月15日
コメント(9件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者

    また変なの湧いてる…(´・ω・`)
    その分goriさんのブログが知名度ある証拠ですね!
    goriさん、負けるな!!

  2. 通りすがりの読者

    バカにしてんのか
    更新すればなんでもええわけちゃいますよ

    1. g.O.R.i

      はい????????????

    2. 通りすがりの読者

      独房へ行き、自分の人生の価値を天秤にかけなおせ

      1. g.O.R.i

        そのお言葉、そっくりそのままお返ししますね!

        1. 通りすがりの読者

          いや、本当ごめんなさい。返信する相手間違えました…..

          1. g.O.R.i

            !?!?

  3. 通りすがりの読者

    あれ、BlackMagic eGPU Pro導入したんですか?

    1. g.O.R.i

      ですですー!

「Macの使い方・設定」新着記事
トレンド検索