「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」に関するレビュー記事総まとめ

iPhone6s-6splus-Comparison-hero-14.JPG
「そろそろ新しいiPhoneに買い替えようかと思うのだけど、どれを買えばいい?」という質問に答えるのは意外と簡単なようで難しい。僕自身も「iPhone 6 Plus」から「iPhone 6s」を購入し、結局「iPhone 6s Plus」に決めた身なので、慎重に答えを出したいところ。

これから「iPhone 6s」または「iPhone 6s Plus」を購入しようと考えている人向けに、旧モデルとのスペック比較から新機能「3D Touch」の解説まで「iPhone 6s/6s Plus」に関する様々な記事をまとめたので参考にどうぞ!

「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」の外観・使用感レビュー

まずは「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」の外観や実際に使ってみて感じたことをまとめた記事を紹介する。

「iPhone 6s」の外観レビュー

iPhone6s-Silver-128GB-09.jpg
iPhone 6 Plus」から「iPhone 6s」に乗り換えたため、5.5インチモデルから4.7インチモデルに乗り換えることに。手にフィットすること、ポケットに入れても邪魔にならないことなど、小型化したことによって実感したメリットは多い。


乗り換えることを決断した理由については以下の記事にまとめてある。同じく昨年「iPhone 6 Plus」を購入し、「iPhone 6s」に乗り換えるかどうか迷っている人は参考にどうぞ。


「iPhone 6s」に買い換えて感じたことをまとめたレビュー記事が下記。

持ちやすくはなったが、結局画面の端から端までは指が届かないことや電池持ちが思っていたよりも良くないことに少し違和感を感じていた。


「iPhone 6s Plus」の外観レビュー

iPhone-6s-Plus-Photo-Review-04.jpg
そこで「iPhone 6s」を購入したのにも関わらず、「iPhone 6s Plus」を追加で購入。4.7インチモデルのようなフィット感は無いが、大画面に戻った安心感は大きかった。


ただ、旧モデルと比較して少々重くなってしまったのは難点。実際に手に持って比べてみると明らかに「iPhone 6s Plus」の方が重い。

「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」の比較記事

iPhone6s-6splus-comparison-benchmark-tests-07.JPG
手元に「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」がどちらもあることを良いことに、2つのモデルを徹底比較してみることに。

結論として僕は「iPhone 6s Plus」を選ぶことになったが、その理由は非常に直感的なもの。あえて項目で挙げるとすればカメラ性能の差と画面サイズの差が大きかったのではないかと思う。


旧モデルのスペック・仕様・価格を比較した記事まとめ

all-iphone-test-3.png
現在「iPhone 6s」または「iPhone 6s Plus」の買い替えを検討している人は「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」からの買い替えだけではなく、「iPhone 5s」以前の機種を使っている人も少なくないはず。

下記記事では最新モデルを「iPhone 5」「iPhone 5s」「iPhone 5c」「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」と比較しているので、スペックがどの程度変わっているかを知りたい人は参考にどうぞ!

「iPhone 6s/6s Plus」のスペックや新機能に関する記事まとめ

旧モデルとの比較を見ているとそもそも最新モデルは買い換えるに値しないのではないかと思う人もいるかもしれない。確かに2015年に発売されたモデルは俗にいう「s」系アップデート。外観は変わらず、内部仕様の改善が中心であることが多い。

「iPhone 6s/6s Plus」に関してはカメラ性能の向上と「3D Touch」が主な進化ポイントとなっている。「Touch ID」も精度が大きく向上し、触った瞬間に画面ロックが解除される。

新機能「3D Touch」の解説記事

3d-Touch.png
「3D Touch」は無くても困らない機能だが、あると便利な機能。画面を押しこむことによってアプリの特定の機能を素早く呼び出すことができたり、マルチタスクスイッチャーを表示させることができる。

下記記事タイトルにもある通り、個人的にはスマホにおける「右クリック」だと思っているので無いと困らない訳ではないが、慣れると手放せなくなる。


「iPhone 6s/6s Plus」のカメラに関する記事

The-Camera-Apple-CM.png
iPhoneのカメラ性能は毎年向上しているが、今年は久しぶりに画素数が800万画素から1,200万画素にアップグレード。さらに、動画においては4K画質で撮影可能になり、「iPhone 6s Plus」に限っては動画でも光学手ブレ補正が利用可能になった。

レビュー記事でも書いたが、個人的に面白いと思ったのは「Retina Flash」。内カメラ使用時に擬似的なフラッシュとして画面を通常の3倍明るく点灯させる機能なのだが、これが思いの外よくできている。


旧モデルから超高速化された「Touch ID」

iPhone6s-Silver-128GB-33.jpg
「Touch ID」は「iPhone 5s」から搭載されている指紋認証機能だが、「iPhone 6s/6s Plus」では驚くほど精度が向上し、逆に指を置いてから認証するまでの時間が短すぎるとクレームになっているほど高速化された。


RAMが2GBになり、全ての操作が快適になった

iPhone6s-6splus-comparison-benchmark-tests-34.JPG
ブラウザでは多数のタブを開き、複数のアプリを行ったり来たりしているとRAM1GBというのはあまりにも物足りない。ようやく2015年のモデルではRAMが従来の1GBから2GBまで増え、あらゆす操作が快適になった。

特に顕著なのはブラウジング時。複数タブを行ったり来たりしても再読み込みする確率がぐっと下がった。


強度も防水性能も向上しているが、完璧ではない

Waterproof-iPhone.jpg
「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」が発売後、水に浸けた後でも無事に動作することが確認され、「まさか防水仕様になったのでは?!」と話題になっていたが、残念ながら防水仕様ではないことが判明。

幸いにも以前のモデルに比べて水濡れ対策が強化されていることは確認され、Appleが耐水対策にも取り組んでいることが分かった。いずれかは完全防水化してくれることに期待したい!

また、「iPhone 6 Plus」の「Bendgate」問題から学び、最新モデルは「Apple Watch Sport」の筐体にも使用されているアルミ素材「7000シリーズアルミニウム」を採用し、強度が高くなっている。引き続きディスプレイが地面に直撃すると割れてしまう確率は極めて高いが、本体そのものの強度は高くなったと言えるだろう。


物議をかもした「A9」チップのメーカー別性能差

a9.png
「A9」チップはSamsung製とTSMC製が存在する。一部のテストによりTSMC製の方がSamsung製よりも高性能であることが報告され物議をかもしていたが、コンシューマー向け商品を徹底的に検証し評価することで信頼のあるでアメリカの情報誌「Consumer Reports」の調査によって製造メーカーによる性能差は存在しないことが判明した。



 SIMフリーのiPhoneはApple公式サイトから購入するべし!

  • 学生・教員・PTA役員限定 ▶ 学生・教員向けストア
  • オススメ

    gori.meの最新情報をチェック!!

    1. iPhone-6s-In-Depth-Review-15.jpg
      「iPhone 6s」の電源が突然落ちる不具合、製造工程に問題があったと判明
    2. iphone6s-shutdown.png
      Apple、「iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム」ページを公開、シリアル番号で確認可能に
    3. macbook-pro-2016-gpu-freaking-out
      「MacBook Pro (Late 2016)」のGPUに関する不具合、影響範囲が拡大中
    4. 25-more-hidden-ios10-features.png
      「iOS 10.2 Beta 5 / Public Beta 5」、配信開始
    5. delete-iphone-else-top.jpg
      【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法