「iPhone X」のディスプレイで焼き付きや残像を防ぐ方法

Welcome to iPhoneX 02

iPhone X」はSuper Retinaディスプレイを搭載している。また、写真やビデオの暗いところも明るいところも階調を残して幅広く表現できる「High Dynamic Range」、通称「HDR」にも対応。

Apple曰く、この有機ELディスプレイは史上最高で、色の再現精度も業界随一だと謳っているが、気になるのは「焼き付き」や「残像」

これは有機ELディスプレイの特性となっていて、Appleは「焼き付き現象の低減という点でも、業界最高を目指しました」としているが、あくまでも目指しているだけで、実現したとは言ってない。

史上最も高価なiPhoneを手にした以上、さすがにそのような不具合は避けたいところ。Appleが公開したサポートページ「iPhone X の Super Retina ディスプレイについて」によると、いくつかの設定によってiPhone X」で焼き付きや残像を防ぐことができるそうなので、そのやり方を紹介する!

有機ELの特性である「焼き付き」や「残像」とは

そもそも焼付きが起きるとどうなるのか。先日発表されたGoogleのフラグシップスマートフォン「Pixel 2 XL」の焼き付きの写真が話題になっていたので、載せておく。

これは相当酷い例ではあるが、画面が灰色で塗りつぶされてしまっていることが確認できる。詳しい内容は割愛するが、要はディスプレイの一部が”色落ち”してしまった状態で、一度起きるとディスプレイをまるごと修理しなければならない

残像は、画面に新しい画像が表示された後も前の画像がかすかに残って映る現象。幸いにもこちらはディスプレイの消灯で解消することができる。

冒頭でも紹介したとおり、Appleはこれらの現象の低減という点で業界最高を目指したとしているが、より確実にディスプレイの表現力を長持ちさせ、長期入用に寄る劣化を極力抑えるために、以下の設定を推奨している。

iPhone X」で焼き付きや残像を未然に防ぐための設定

最新のiOSバージョンにアップデート

まずは最新のiOSバージョンであることを確認する。ソフトウェアはアップデートされる度に細かい改良が加えられているため、特別な理由がなければ配布される度にアップデートしましょう。

明るさを自動調整する

「iPhone X」の明るさが自動的に調整されるようにしておきましょう。この機能はアクセシビリティの中に用意され、デフォルトで有効になっている。

自動ロックを有効化する

画面を常時点灯させておくのはディスプレイの焼き付きの原因にもなり、当然ながら電池の消耗にも繋がる。

僕はもともと「画面表示と明るさ」の「自動ロック」を「30秒」に設定しているが、すぐに画面が消えてしまうのが鬱陶しいと感じる人は「1分」や「2分」程度に設定するべし!

静止画像を最大輝度で長時間表示することを避ける

「iPhone X」で静止画像を最大輝度で長時間表示することは、焼き付きの原因に繋がる。ディスプレイを常時点灯させておく場合はディスプレイの輝度を少し下げておくことによってリスクを抑えると案内されている。

もっとも手軽なのはコントロールセンターから調整すること。画面右上の上部から下方向にスワイプすることによってアクセスできる。

もっと読むiPhone Xまとめ
関連記事