MacのBluetoothモジュールをリセットする方法

alt/option + shift + Bluetoothメニューで「デバッグ」メニューが出現

Bluetooth won't connect

MacとBluetoothで接続したい周辺機器が不安定な時にやるべきことは色々ある。

Bluetoothのオン・オフ、ペアリングを一度解除し再度ペアリング、Macの再起動などで基本的には解決されることが多いが、これらの手段を行ってもBluetoothデバイスの接続問題が解決できない場合がある。

そこで、今回紹介するのはMacのBluetoothモジュールをリセットする方法。いわば”隠し機能”のような位置づけでBluetoothのデバッグ機能として用意されているのだが、必要に応じて活用できるので参考にどうぞ!

Bluetoothのデバッグ機能を表示する方法

一般的にはBluetoothデバイスにはメニューバーにあるBluetoothボタンからアクセスすることが最も多いはず。万が一メニューバーに表示されていない場合は「システム環境設定」を開き、「Blueooth」をクリックし画面下に表示されている「メニューバーにBluetoothを表示」にチェックを入れましょう。

普通にメニューバーにあるアイコンをクリックするとこのような表示になる。Bluetoothのオン・オフ、デバイス一覧、そしてBluetooth環境設定を表示するための項目が用意されている。
Oikos and Raw HoneyBluetooth Module Reset 0401

今度は「alt/option」キーを押しながら再度Bluetoothアイコンをクリックしてみよう。すると、バージョン、名前、アドレスなどの情報が表示され、検出可能の可否、ファイルをデバイスに送信する機能やデバイス上のファイルをブラウズする機能などがアクセスできるようになる。
Oikos and Raw HoneyBluetooth Module Reset 03

今回紹介するのはこれのさらなる隠し機能。「alt/option」キーに加え、同時に「shift」キーも押しながらBluetoothアイコンをクリックすると「デバッグ」という項目が表示される。
Bluetooth Module Reset 02

カーソルを合わせると「Bluetoothモジュールをリセット」「接続中のすべてのAppleデバイスを出荷時の状態にリセット」「すべてのデバイスを削除」という項目にアクセス可能になる。

今回利用するのは、「Bluetoothモジュールをリセット」。クリックすれば実行されるので、適用後、再起動しましょう。

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Macの使い方・設定」新着記事
トレンド検索