「iPhone 6s/6s Plus」、防水仕様か?!1時間以上浸水後も無事に動作

Water resistant iPhone
iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」にはAppleが一切公表していない秘密の新機能を搭載している可能性が浮上してきた!

YoutuberであるZach Straley氏が「iPhone 6s/6s Plus」を水の中に1時間以上入れておいても全く問題なく動作することが確認できる動画公開していたので紹介する!

3D Touchやカメラも動作!Lightningポートも無事

当然、Appleが公表している仕様ではないため万が一壊れた場合は保証対象外にはなると思うが、「iPhone 6s」または「iPhone 6s Plus」を風呂の中に落としてしまい、1時間気付かなかったとしてもiPhoneは無事動作する可能性があるというだけでも大きな希望が持てる。

1時間以上も浸水していた新しいiPhoneはまるで買った時と変わらない安定感で動作している。「3D Touch」やホームボタン・電源ボタンも問題なく動作し、カメラやスピーカーも影響を受けている様子もない。Lightningポートやイヤフォンジャックもこれまで通り使用することができるとのこと。


繰り返しではあるが、この実験動画は「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」の防水仕様を保証するものではないため、今後海や川で遊ぶ際には引き続き防水ケースを付けることをお勧めする。

以下どうぞご覧あれ!



過激な実験動画でお馴染みのいTechRaxも「iPhone 6s Plus」を熱湯に浸す実験を実施。高音注意の警告が表示されるものの、こちらも浸水後問題なく動作することが確認されている。併せてご覧あれ!



こうして「iPhone 6s/6s Plus」が水に浸っていても生還する動画を2本も見ると大いに防水仕様を期待してしまうところだが、EverythingAppleProの実験動画によるとやはり壊れてしまうことも確認されている。残念!





 SIMフリーのiPhoneはApple公式サイトから購入するべし!


(via 9To5Mac

サイト内を検索して記事を探す

water-resistant-iPhone.png

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

  • follow us in feedly Feedlyで最新記事を購読
  • Twitterで更新情報を1番にゲット!
  • LINEで楽しくトークしましょう!(スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード)

この記事に関連するまとめ

1件のコメント

  1. より:

    水没試験生還の初めの動画は開封後iPhoneは一旦画面から消えワンカットではないので防水加工を施した端末に交換し再度撮影、フェイクと思われる

この記事にコメントする

投稿内容を確認し、問題がなければ下記の「コメントを投稿する」ボタンを押してください。