「iPhone 6s/6s Plus」の「A9」チップ、メーカーによってサイズが異なることが判明

Chip size 【img via Chipworks

「A9」チップはSamsungとTSMCによって製造されていると発売前から噂されていたが、やはりその2社によって最新モデルの高性能プロセッサが開発されているようだ。

Chipworksの調べによると、iPhone 6s/6s Plus」に搭載されている「A9」チップはメーカーによってサイズが異なることが明らかになった!

Samsung製とTSMC製によってサイズに違いが発覚

需要に応えるために複数のメーカーを利用するのはAppleの常套手段ではあるが、両社は異なる技術を採用。Samsungは14nmプロセスを採用しているが、TSMCは16nmプロセスを採用している。

その結果、異なるサイズのチップセットが完成。Samsung製の「APL0898」チップは96平方ミリメートルであるのに対し、TSMC製の「APL1022」チップは104.5平方ミリメートルとなっている。

気になるのはSamsung製とTSMC製で「iPhone 6s/6s Plus」の性能に差があるのかどうか。今後Chipworksはそれぞれを搭載した端末でベンチマークテストを実施し、性能を比較する予定だ。



(via MacRumors

オススメ
chip-size.jpg

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. iPhone-6s-In-Depth-Review-15.jpg
    「iPhone 6s」の電源が突然落ちる不具合、製造工程に問題があったと判明
  2. Pakutaso-Beer-Sake-Girl.jpg
    お酒のカロリーと糖質ランキングが公開!ハイボールは優秀、ビールはNG
  3. delete-iphone-else-top.jpg
    【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. iphone6s-shutdown.png
    Apple、「iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム」ページを公開、シリアル番号で確認可能に
  5. Mac-Storage-Technique.jpg
    【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法