【レビュー】ASUS製28インチ型4Kディスプレイ「PB287Q」を最高解像度モードにしたら何もかもが小さすぎて笑った

ASUS製の28インチ型4Kディスプレイ「PB287Q」
ASUS製の28インチ型4Kディスプレイ「PB287Q」を買ったからには液晶に埋め込まれたピクセル数を最大限活用したいと思わずにはいられない!


以前、「MacBook Pro Retina」15インチモデルの最高解像度モードを紹介したが、今回も「PB287Q」を使ってみて解像度を上げるとどこまで表示することができるのか気になったので、色々と試してみた!

ASUS製の28インチ型4Kディスプレイ「PB287Q」の解像度の高さがよく伝わるであろうスクリーンショットを数枚撮ったので、載せておく!特に3,840 ✕ 2,160ピクセルなんかにした日には…細い!

1,504 ✕ 804ピクセル

System preferences 1504✕804
まずは一番解像度の低い「1,504 ✕ 804ピクセル」モードでGoogleのトップページを表示してみることに。この解像度は「MacBook Air」の13インチモデルよりも多少広い程度だ。
1504✕804でGoogleを表示してみた
続いてgori.meを表示してみた。こんな感じ。
1504✕804でgori.meを表示してみた

1,920 ✕ 1,080ピクセル

System preferences 1920✕1080
続いて「1,920 ✕ 1,080ピクセル」モードにチャレンジ。これまで使っていたフルHDのディスプレイと同じ解像度だ。
1920✕1080でGoogleを表示してみた
徐々に左右のデッドスペースが広がってきていることに注目。
1920✕1080でgori.meを表示してみた

2,560 ✕ 1,400ピクセル

System preferences 2560✕1440
続いて「2,560 ✕ 1,400ピクセル」モード。普段はこの解像度で使っているが文字のサイズが丁度良く、ディスプレイの広さも程良い。
2560✕1440でGoogleを表示してみた
gori.meを全画面で表示するとこのようになる。
2560✕1440でgori.meを表示してみた

3,008 ✕ 1,692ピクセル

System preferences 3008✕1692
続いて「3,008 ✕ 1,692ピクセル」モードを試してみたところ。これはとにかく細いが、人によってはギリギリ許容範囲内かもしれない。Googleのロゴがどんどん小さくなっていることに気付いているだろうか。
3008✕1692でGoogleを表示してみた
gori.meを表示しても通常の幅が3つほど入りそうなぐらい、解像度が高い。
3008✕1692でgori.meを表示してみた

3,840 ✕ 2,160ピクセル

System preferences 3840✕2160
最後に紹介するのが「3,840 ✕ 2,160ピクセル」モード。これはもうもはや通常利用するには字が小さすぎて耐えられない。快適とは程遠く、すべてが細かすぎてよく分からない。そして目が疲れる。
3840✕2160でGoogleを表示してみた
あまりにも細かすぎてフルHDのディスプレイを縦置きにした時のような画面領域が表示されている。この事実に気が付いた時には思わず自分で笑ってしまった。そのような用途として使うのであれば、この解像度もたまには役立つかもしれない。
3840✕2160でgori.meを表示してみた
さすがの4Kディスプレイ、圧倒的な解像度を持つ「PB287Q」。普段は2,560 ✕ 1,440ピクセルで表示しているが、今のところこれが一番快適だ。最近では4K対応のThunderboltディスプレイが登場するかもしれないという噂もあるが、この快適さを知ったらApple純正のディスプレイも欲しくなってしまうかもしれない…!危険だ…。

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 僕が遭遇した15インチ型「MacBook Pro (Late 2016)」の不具合まとめ
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 「MacBook Pro (Late 2016)」専用のUSB-Cハブ「HyperDrive」が登場
  5. 精算不要の「Amazon Go」、登場!万引きにしか見えない最先端スーパー