MacBook Proと買うべきおすすめUSB-C周辺機器やアクセサリー

Taduuda 72915 macbook pro and peripherals

2016年に大幅リニューアルされて以来、「MacBook Pro」は従来のUSB-AポートやHDMIポート、SDカードスロットなどをすべて失い、USB-Cポートのみとなった。「Thunderbolt 3」に対応しているため、4つのポートでできることは多いのだが、これまで使用していた周辺機器が使用できなくなるため、買い替えを躊躇する人も少なくないはず。

そこで、2016年に発売されたフルスペックモデルとともに過ごしてきた僕が、MacBook Pro」を購入した人が本体と併せて購入するべきオススメのUSB-C周辺機器やアクセサリーをまとめたので、参考にどうぞ!

USB-Cハブ

真っ先に買うべきなのは、USB-Cハブだ。分かりやすく言うと、2015年モデルまでに搭載されていた従来のポートを復活してくれるガジェットだ。本体にピッタリとフィットし、カラーもマッチするように作られているため、指したまま持ち運んでも特に問題はない。

USB-Cハブに関してはこれまでレビューしてきたUSB-Cハブをまとめて比較した「MacBook Pro用USB-Cハブの比較・おすすめ製品まとめ」もあわせて参考にどうぞ!

HDMIポートを含む、旧モデルにあるポートを復活させたい人用

2015年以前の15インチモデルに搭載されていた、「Thunderbolt 2」や「MagSafe 2」を除いたすべてのポートを復活させたいのであれば「Satechi Type C Pro Hub」または「HyperDrive Thunderbolt 3 USB-C Hub」のいずれかがオススメ。僕はSatechi製の丸みを帯びた見た目が好きだが、角ばったデザインが好みだという人はHyperDriveを選ぶべし!

一方、人によってはMac本体しか使わない、という人もいるはず。HDMIポートが不要であれば、「TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK TB1」がオススメ。コスパが抜群で手が出しやすい。ただし、見た目が他の2種類に比べて一歩及ばず、というのは念頭に入れておくべし。

「新しい MacBook Pro と一緒に買うべき周辺機器は?」という質問に対する答えが必要であれば、USB-Cハブは買っておいて間違いないだろう。iPhoneを充電するにしても、同梱されている充電ケーブルを挿すために必要になるため、1つ買っておいて損はしないはず。

逆に、Mini DisplayPortも必要だという人もいるだろう。その場合は「HyperDrive PRO 8 in 2 Hub」「TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK C2」「Satechi Type-C マルチメディアアダプター」などの選択肢がある。個人的にはMacにピッタリと沿うように装着できる「HyperDrive PRO 8 in 2 Hub」が一押しだが、少し値が張るので本当に必要なのか考えるべし。

USB-Cドック

MacBook Pro」を単体で利用するのであればUSB-Cハブは必要不可欠だが、僕のように外部ディスプレイに接続して使用すする場合、USB-Cハブを机側に備え付けた方が使い勝手が良い場合も多い。

そこで、役に立つのがUSB-Cドック。最大供給可能電力によっては、ケーブル1本でディスプレイの出力、ポートの拡張、本体への充電をすべて済ませることが可能になる。

ポート拡張に特化した「CalDigit TS3 Lite」

僕が現在使用しているのは、「CalDigit TS3 Lite」。特徴は、最大供給可能電力が15Wまでとなっている代わりに価格が競合製品よりも手軽、という点。

僕はの作業環境は、「LG 5K UltraFine Display」が2枚、という構成になっている。「MacBook Pro 2016」以上は5Kディスプレイを出力する場合、左右に1枚ずつ、最大2枚の出力が限度となっている。

つまり、USB-Cドックを利用したとしても、5Kディスプレイは1枚しか出力できないため、必然的にもう1本繋ぐことになり、USB-Cドックで電力を供給をする必要がないのだ。

ポートは、USB-C端子が1つ、USB-A端子が2つ、Ethernet端子、Audio In/Out、「Thunderbolt 3」端子が2つ(1つはMac本体との接続用に使用なので実質1つ)、DisplayPortが1つ、となっている。拡張性は十分となっていて、4Kディスプレイであれば「Thunderbolt 3」端子とDisplayPort端子を使えば2枚出力できてしまう。

僕がUSB-Cドックを重宝している理由は、有線LANに接続できること好みのスピーカーに接続できること。外付けドライブを接続しておけば、接続する度にバックアップするようにもできる(取り外す時が少々面倒だが)。

なお、SDカードスロットは用意されていない。USB-Cハブを付けた状態でUSB-Cドック用のケーブルを挿すと、拡張性が一気に広がるのでオススメ。

本体充電も可能な「Belkin Thunderbolt 3 Express Dock HD」

とにかくケーブル1本で済ませたい、という人にベストなUSB-Cドックが「Belkin Thunderbolt 3 Express Dock HD」。

Apple公式サイトでも取り扱いがあるこのUSB-Cドックは、最大供給可能電力が85W。15インチモデルに必要とされる87Wにわずかに届かない状況だが、使用してみた感覚では特に問題なかった。高負荷な作業を長時間続ける場合は注意が必要かもしれない。

最大供給可能電力が多い分、少し値は張るが、出力用に使用できる「Thunderbolt 3」端子とDisplayPort端子が1つずつ用意されているため、「Belkin Thunderbolt 3 Express Dock HD」ならケーブル1本で4Kディスプレイ2枚を出力しながら本体を充電することができる。

USB-Cディスプレイ

RioRand LEDテープライトでMac環境に間接照明を追加

「MacBook Pro」のディスプレイは非常に美しいため、外部ディスプレイを使用するのであれば本体のディスプレイに負けず劣らずの製品を使わなければ勿体無い。

アダプターを使用すればHDMIだろうとDisplayPortだろうと使うことができるが、余計な出費を抑えるためにもUSB-C接続が可能なディスプレイを選ぶと、机周りがスッキリする。

僕が利用しているのは「LG 5K UltraFine Display」。ディスプレイの美しさはピカイチだが、つい先日まで動作が極めて不安定だったため、残念ながら今はあまりオススメできない。

僕の周りだけかもしれないが、同じLG製の4Kディスプレイ「27UD88-W」はUSB-Cポートを搭載するディスプレイとして人気。搭載する端子すべて4K/60Hzに対応し、sRGBカバー率も99%となっているため、周りで使っている人からの評判は良い。「LG 5K UltraFine Display」と比較してベゼルが薄い点も魅力的だ。

実際に購入して使っているわけではないので使い勝手などは不明だが、参考にUSB-Cポート搭載ディスプレイを載せておく。個人的には文字を見る仕事柄、4K以上の解像度がオススメだが、WQHD液晶やウルトラワイドディスプレイも候補として残しておく。

USB-Cドライブ(SSD / HDD / DVD)

僕自身は全く使っていないが、意外と需要がありそうなのはCDやDVDを読み込み・書き込みするためのドライブ。USB-Cハブを使えば既存のUSB-A(一般的な、俗に言うUSB)ポートのものでも使えるが、買い替えたいという人には下記のような製品が良いかもしれない。見た目がシンプルで良さげ。

Macを使う上で必要不可欠なのが、外付けHDD/SSD。何があるか分からないので、主にバックアップ用として手元に用意しておくことを強くオススメする。

僕は「LaCie 4TB d2 Thunderbolt 2/USB 3.0 Hard Drive」を買ってしまったため、「Apple Thunderbolt 3(USB-C)- Thunderbolt 2アダプタ」を使用して使い続けているが、USB-Cポートを搭載しているドライブも多数登場している。これから購入するのであれば、これらの製品を買った方が転送速度も早く、アダプタを必要としないためスマートに使えるのでオススメ。

以下にUSB-C搭載ドライブの一例を置いておくが、安心感を取るのであればApple公式サイトで取り扱っている製品から選んだ方が良いかもしれない。

続いて、USB-C周辺機器ではないが、「MacBook Pro」と一緒に買っておくと便利なケースや保護フィルムを紹介する!

もっと読むMacBook Proまとめ