「iPhone 6s/6s Plus」の防水性能は強化されているが、浸水箇所は多々あり完全防水とは程遠い

6swd 【img via iFixYouri

確かに「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」の防水性能は向上しているようだ。それも外側だけではなく、浸水後のことを考えて内側もしっかりと対策が施されていることが判明した。


では「iPhone 6s/6s Plus」はどの程度水を防ぐことができるのだろうか。iFixYouriによると、まだまだ浸水箇所はあり、完全防水とは程遠いことが明らかになった!

iPhoneの各種ポートからはいくらでも浸水可能

この記事でも書いた通り、「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」はディスプレイとバックパネルを繋ぎ合わせる部分に糊だけではなくガスケットを追加したことによって両パーツの隙間による浸水を防いでいる。

ただ、それ以外のパーツは特別な防水加工はされておらず、Lightningポート、マイク、イヤフォンジャック、スピーカー、ミュートスイッチ、音量ボタンの隙間からはいくらでも浸水可能であることが明らかになった。

iFixYouriの実験動画では約2分間、「iPhone 6s」を水の中に入れているが、その短時間でもやはり各ポートから浸水している。残念ながら「今年のiPhoneは防水だ」と喜ぶほどの防水性能では無さそうだ。



ただし、最新の噂では次期iPhoneは防水・防塵仕様になるという噂。1年掛けて風呂でも海でも気兼ねなく本体そのまま持ち出せるiPhoneに進化していることを期待しよう!



(via 9To5Mac

オススメ
6swd.png

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. iPhone-6s-In-Depth-Review-15.jpg
    「iPhone 6s」の電源が突然落ちる不具合、製造工程に問題があったと判明
  2. Pakutaso-Beer-Sake-Girl.jpg
    お酒のカロリーと糖質ランキングが公開!ハイボールは優秀、ビールはNG
  3. delete-iphone-else-top.jpg
    【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. iphone6s-shutdown.png
    Apple、「iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム」ページを公開、シリアル番号で確認可能に
  5. Mac-Storage-Technique.jpg
    【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法