「iPhone 8 Edition」の分割ステータスバーの挙動が判明ーー通話中や画面録画中、充電時など

Charging Status Bar for iPhone8Edition

iPhone 8 Edition」のステータスバーは分割され、Appleはこれを隠すつもりは全くない。

左側に時計、右側に電波状況・Wi-Fi・電池残量が表示されると伝えられているが、「iOS 11 GM」の事前リークによって、より具体的な表示イメージをGuilherme Rambo氏やSteven Troughton-Smith氏が公開していたので、紹介する!

分割ステータスバー内の項目は凹みの底辺と並ぶ

Rambo氏は「iPhone 8 Edition」をLightningケーブルに接続した際に表示されるアニメーションを公開。右上にある電池アイコンが左に移動し、充電中を示す雷型のアイコンがスッと横から入ってくることが確認できる。

これに対し、Troughton-Smith氏はアニメーションのビフォー・アフターを画像で紹介。電池のアイコンが一瞬大きくなるらしい。また、分割ステータスバー内に表示される項目はセンサーがまとめられている中央の凹みの底面と並ぶように配置されていることも確認できている。

iPhone 7」までは画面録画時や通話中にはステータスバー全体の色が変わるが、「iPhone 8 Edition」はどうなるのか。どうやら左上に表示される時計の背景色が変わる仕様になっているとのこと。

事前に流出してしまった「iOS 11 GM」からは「iPhone 8 Edition」の新情報が続々と判明している。また、最新の情報によると、「iPhone 8 Edition」はブラック・ホワイト・ゴールドの3色展開で、黒ベゼルで統一されると予想していることが明らかになった。

 gori.meでは以下のプラットフォームで最新情報を配信中!是非フォローを!

(via 9to5Mac