MacのDockの表示・非表示を切り替えるキーボードショートカット

Hide Dock On Mac
「画面のスペースが足りない、MacのDockが邪魔だ!」という経験はないだろうか。僕は、「MacBook Air」を使用していた時は頻繁にそのような状況になっていたが、15インチ型「MacBook Pro Retina」を使っている今もなお遭遇することがある。

以前、複数ディスプレイを使用している時の「Command + Tab」の動作として、Dockの位置と「自動的に隠す」の有効・無効が関係していることを伝えた。


わざわざDockを右クリックしてDockを非表示にするなんて非効率!MacのDockの表示・非表示を切り替えるキーボードショートカットがあるので、紹介する!

Dockの表示・非表示は「command + option + d」で切り替え

以下のキーボードさえあればDockを隠すことと再表示することを簡単に切り替えることができる。絶対に覚えておくべし!

command + option + d

「command + option + d」を押すだけでこのように表示されていたDockが…
Hide Dock On Mac
…このように非表示になる!
Hide Dock On Mac
特に写真の編集やブラウジングをしている時など、フルスクリーンモードにはしたくないが画面をフルに活かしたい、という人はDockを隠すだけで画面が一気に広くなるので、一度お試しあれ!

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 僕が遭遇した15インチ型「MacBook Pro (Late 2016)」の不具合まとめ
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 「MacBook Pro (Late 2016)」専用のUSB-Cハブ「HyperDrive」が登場
  5. 精算不要の「Amazon Go」、登場!万引きにしか見えない最先端スーパー