「iPhone 6s/6s Plus」の「A9」チップ、やはり勝ち組はTSMC製ーー複数のテストで確認される

A9 Chip Comparison
TSMC製の「A9」チップは勝ち組、Samsung製の「A9」チップは負け組。果たして本当にそうなのか?!


YoutuberのJonathan Morrison氏とAustin Evans氏が同様のテストを行ったところ、やはりTSMC製の「A9」チップを搭載している「iPhone 6s/6s Plus」の方が電池持ちが長いことが明らかになった!

通常利用時では大差なし、高負荷な作業で差あり

Morrison氏の動画では30分間のタイムラプス動画を撮影後、4K動画を撮影し、iMovieで動画を出力。さらに「GeekBench 3」で合計3回に渡るベンチマークテストを実施した結果、最終的な電池残量はTSMC製チップ搭載モデルが62%、Samsung製チップ搭載モデルが55%という結果になった。



Evans氏は少し異なるアプローチでテストを実施。「GeekBench 3」のバッテリーテストを実施し、TSMC製の端末とSamsung製の端末が電池残量50%になるまでの時間を計測。衝撃的なことに、TSMC製の方がSamsung製よりも50分も電池持ちが長いことが判明した

さらに、Samsung製の方がTSMC製よりも発熱する傾向にあると一部で報じられていが、Evans氏の実験によるとやはりSamsung製チップの方が摂氏3度高かったことも報告している。

最後に1時間動画を再生し、電池残量の変化を測定したところ、TSMC製とSamsung製には大きな差がなかったようだ。このことから、Evans氏は普段の使い方ではTSMC製もSamsung製も大きな差はないものの、高負荷な作業を行う場合はTSMC製チップの方が電力効率が良いと結論づけている。



これらの内容をまとめると、TwitterFacebookを見つつ、YouTubeを見ながら合間にLINEでやり取りをしている、という人はTSMC製だろうがSamsung製だろうが体感できる差はほとんど無いと思われる。一方、4K動画の撮影や編集、高負荷なゲームをプレイするという人はTSMC製の「A9」チップを搭載している「iPhone 6s/6s Plus」の方が長く使い続けることができるようだ。

自分の「iPhone 6s」または「iPhone 6s Plus」がTSMC製かSamsung製であるかを確認する方法は以下の記事からどうぞ!

 SIMフリーのiPhoneはApple公式サイトから購入するべし!


(via 9To5Mac

サイト内を検索して記事を探す

A9-Chip-Comparison.png

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

  • follow us in feedly Feedlyで最新記事を購読
  • Twitterで更新情報を1番にゲット!
  • LINEで楽しくトークしましょう!(スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード)

この記事に関連するまとめ

4件のコメント

  1. 匿名 より:

    チップごときで勝ち組、負け組を決めるなんておかしな話ですね。

  2. 匿名 より:

    これが20分なら許せるが
    2時間ですよ

    10万払って20%以上も負荷時の電源効率がよい端末を
    引けるか引けないかだと勝ち負けの考えがあって然るべきだと思います。

    今回買った6sがサムスンだったのでなおさら気分が悪いです

  3. 匿名 より:

    そもそもの議論が間違ってる。
    半分はサムスン製iphoneなのにサムスンつぶれろwとか言ってるダブルスタンダードはどうなんだ?
    わいは違うけど。

    • 匿名 より:

      >半分はサムスン製iphoneなのにサムスンつぶれろwとか言ってるダブルスタンダードはどうなんだ?

      どこがダブルスタンダード?
      購入した商品が劣悪だったから、製造会社を罵倒する。
      どこにも矛盾はないと思いますが。

この記事にコメントする

投稿内容を確認し、問題がなければ下記の「コメントを投稿する」ボタンを押してください。