iPhoneで「低電力モード」のオン・オフを切り替える方法

IOS9 Power Save Mode
iPhoneには「低電力モード」なるものが「iOS 9」から用意されている。基本的にモバイルバッテリーを持ち歩いているので使うことはないだろうと思っていたが、先日ひたすらiPhoneで動画を撮影していたら気づいたら電池残量が残りわずか。モバイルバッテリーの入ったバックパックが近くになかったので、CPUパフォーマンスを下げてでも「低電力モード」を有効化することにした。


なんとか乗り切り、モバイルバッテリーにありつけることができたので充電開始。気づいたら十分な電池残量になっていたのでiPhoneを確認したところ、未だに「低電力モード」になったままだった。

「低電力モード」を有効化する際はポップアップが表示されるので難しくないが、無効化するには「設定」アプリの中から探しださなければならない。探すのに時間が掛かってしまったので、今後のためにiPhoneで「低電力モード」のオン・オフを切り替える方法をメモっておく!

「バッテリー」の中からオン・オフ切り替え可能

設定のある場所は極めてシンプル。電池持ちを伸ばす設定内容なので「設定」アプリの中にある「バッテリー」からサクッとオン・オフを切り替えることができる。なんて単純!



僕のように「低電力モードを無効化したいけどどこに設定があるか分からない」とアタフタしている人はこの機会に覚えておくべし!

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 「iOS 10.2 Beta 7 / Public Beta 7」、配信開始
  3. App Store、2016年11月に過去最高の売上高を記録
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. ポケモンGO、新ポケモンの追加を12月12日に発表することを正式に予告