ノート型Macを2台持つメリットーー「サブ機」ではなく「バックアップ機」という考え方

Multple Mac makes me safe at emergencies 02

仕事道具には投資するべき。費用よりもその投資の先にある効果が見込める可能性が少しでもあるのであれば妥協するべきではない、と僕は考えている。

僕の場合、それはMacだ。常に最高のパフォーマンスを発揮できるようにするためのマシーン選びを心掛けてきたが、場合によっては予期しない不具合や故障が発生することもある。「MacBook Pro 2016」のキーボードが故障し、その後ディスプレイが壊れた時は本当に大変だった。

この時、僕はたまたま12インチモデルを手元に残してあったので必要最低限の仕事をこなすことができた。この時の経験から、本当に重要な仕事道具に関してはデータのバックアップを取るだけではなく、仕事道具そのもののバックアップ、いわば「バックアップ機」の重要性を身をもって理解した。

現在は、13インチ型「MacBook Pro 2018」をメインマシーンに、15インチ型「MacBook Pro 2017」をサブマシーンという組み合わせで運用しているが、とても気に入っている。

重要なのは「サブ機」ではなく「バックアップ機」という考え方。本記事では、ノート型Macを持っている人がノート型Macをもう1台手元に置いておくメリットについて紹介する!

近しい性能を持つマシーンを複数台持つことによるリスクヘッジ

大前提として、僕は1台の「MacBook Pro」に集約したい派だ。理由は、いつでもどこでも最高の仕事ができるようにしたいから。ノート型Macであれば、外部ディスプレイ・キーボード・マウスを組み合わせればデスクトップ化も容易。

また、冒頭でも紹介した通り、「仕事道具には投資するべき」と強く考えているため、費用対効果はそれほど考慮していない。

これらの理由で僕は15インチモデルを使い続けてきたが、2018年に13インチモデルが2017年モデルの15インチモデルと同等のスペックに強化されたことを理由に、15インチモデルから13インチモデルに乗り換え、15インチモデルを手元に残してある。

ノート型Macはデスクトップ型Macにもなるという強み

MacBook Pro」の13インチモデルと15インチモデルを持つよりも、iMac」や「iMac Pro」などのデスクトップ型Macを用意した方が費用対効果は良いことは事実だが、デスクトップ型Macとノート型Macを組み合わせて運用するよりも、ノート型Macを複数台運用することでしか得られない強みがある。

それは、ノート型Macはデスクトップ型Macにもなること。デスクトップ型はノート型Macにはなりえない。「iMac」持ち運び用のトートバッグという斬新な製品もあるが、基本的には常識的な選択肢ではない。

つまり、デスクトップ型Macであると持ち運びたい時に利用することができないが、ノート型Macであれば多少パフォーマンスに差はあったとしても、仕事ができない、という状況にはならない。

僕の場合13インチ型「MacBook Pro 2018」15インチ型「MacBook Pro 2017」を運用していることによって、どちらか一方が使えなくなってもほぼ同等の性能を持つことにより、乗り換えたとしても作業に支障をきたすことがない。

13インチモデルを使っていると、久しぶりに15インチモデルを持つとその重さに驚くが、それでも持ち運べない重さではない。

自宅ではデスクトップ化しているため、行き来が容易

また、自宅では「Blackmagic eGPU」経由で外部ディスプレイに出力して使っていることから、13インチモデルから15インチモデルに変わったとしても基本的にはディスプレイ・キーボード・マウスは同じものを使うことができるため、マシーンを変えても普段通りに仕事することができる

例えば27インチ型「iMac」と12インチ型「MacBook」という2台体制で運用している人は、「iMac」ではできる作業が「MacBook」ではできない、ということもあるようだ。これはメインマシーンのバックアップ体制ではなく、単なるサブ機としての運用になってしまっている。

データの共有はiCloudとDropboxがあれば問題なし

ノート2台でも、デスクトップとノートでも、問題として指摘されることが多いのはデータの共有だが、意外にも僕はこれまで困ったことがない。

というのも、僕は大半のデータをiCloudまたはDropboxに保存しているため、一方のMacを久しぶりに開いてもネットワークに繋がり次第勝手に同期してくれる。もちろん、Mac本体はそれぞれ定期的にバックアップを取っているため、万が一どちらかに何かが起きた時も安心だ。

ノート型Macを持っている人はバックアップ機としてノート型Macをもう1台用意しよう

Multple Mac makes me safe at emergencies 01

デスクトップ型Macを持っている人は、サブ機としてノート型Macを持っている人も少なくない。出先で作業する、というよりもメモ用やカジュアルな作業用として手元に用意している、という印象がある。

一方で、「MacBook」や「MacBook Pro」を持っている大抵の人はその1台しか持っていない。万が一故障した場合でも「まあいっか」と思えるのであれば全く問題ないが、Macがなければ仕事にならない、という人でも手元に1台しかないという状況は、万が一のことが起きた時にリスクが高すぎる

そういう人は、別のノート型Macを買い増すことを検討してみてはいかがだろうか。これから買うのであればMacの整備済商品から安く買うことができる。

一般的にはMacの買い替えサイクルは3〜4年、人によっては5〜6年ごとだと思っているが、仕事道具としてMacに依存しているのであれば、発売直後に買ったとして、2〜3年おきに買い換えるのがオススメ。

発売されてから日が浅ければ売値も高くつくということもあるが、メイン機とサブ機の性能差に極力差が無いようにする方が、いざという時に作業に影響しづらい。

定期的にメイン機をサブ機に、サブ機を売りに出せば、高値で売れはしないかもしれないが、新モデル買い替えの足しにはなるはず。Macを売る前・譲る前にやるべきことをこなし、macOSをクリーンインストールして初期化するのは面倒だが、常に“サブ機”ならぬ”バックアップ機”を手元に用意しておくことができる

作業環境のリスクヘッジは重要。特に僕のような個人であればなおさら。ノート型Macを1台で運用している人は、この機会にもう1台用意することも検討してみてはいかがだろうか。