「WWDC 2015」直前!現時点で分かっている情報・噂の総まとめ

Moscone Center 【img via MacStories

いよいよ19時間後には「WWDC 2015」の基調講演が行われる。現地時間6月8日午前10時から、日本時間6月9日午前2時から。今年は例年通りライブ中継も実施される。


開催直前となったので、「WWDC 2015」で発表されると予想される内容をまとめておく!例年通りの流れであれば次期iOS/OS Xバージョンを発表することになるが、それらに加えて今回は新しい音楽ストリーミングサービスが注目されている。

それではいってみよう!

iOS 9」:パフォーマンスやセキュリティが向上

iOS 9」のコードネームは「Monarch」。スキーリゾートから名前を取っているそうだ。Apple最大の収益源であるiPhoneを中心としたiOSデバイスを支えるOS部分の最新バージョンはどちらかと言うとパフォーマンスや安定性、セキュリティの向上・改善に注力しているとのこと。

新フォント「San Francisco」を採用

iOS 9 New Font San Francisco
12インチ型MacBookのキーボードならびに「Apple Watch」のWatch OSで採用されているAppleのオリジナルフォント「San Francisco」がシステムフォントになるそうだ。現在は「Helvetica Neue」が使われている


安定性やパフォーマンスの向上

Apple WWDC 2015
これまでは多数の新機能を毎年発表してきたAppleだが、ここ最近はOSの完成度が低いことが何度も指摘されてきた。「iOS 8」に関してはアップデートした結果圏外になるなど出落ち感満載で、憤りを通りすぎて呆れた人も多いだろう。

そのようなことが無くなるよう、「iOS 9」は安定性やパフォーマンスの向上、セキュリティ面の改善が主となっている。まだまだ報告が耐えないバグやクラッシュを減らし、ファイルサイズを縮小しOSとしての品質向上を目指す。

これらを実現するために導入されているのは以下の通り:

新セキュリティシステム「Rootless」

マルウェアから守り、エクステンションの安全性を強化し、個人情報の漏洩を徹底的に防ぐため、カーネルレベルの新機能「Rootless」が導入される。これによって一部のファイルが管理者権限レベルのユーザーでもアクセスできなくなるとのこと。Jailbreakコミュニティには大打撃だと思われる。

「Trusted Wi-Fi」機能

「Truseted Wi-Fi」は名前の通り、「信頼できるWi-Fi」を見分ける機能。信頼できるルーターとそうではないものを見分け、信頼できないものに関してはより厳しい暗号化をかけてユーザーの安全性を向上させる。

IMAPから「iCloud Drive」に移行

「メモ」「リマインダー」「カレンダー」などのApple純正のアプリはIMAPを使用して同期を取っているが、今後、Appleは安全性を高めるためにそれらのアプリを「iCloud Drive」に移行させるようだ。


「A5」系のデバイスでも快適に動作するように

Iphone 4s 【img via renatomitra

「iOS 9」はなんと「A5」チップを搭載しているデバイスをサポートするため、「iPhone 4s」でも快適に動作する予定。「iPhone 4s」ユーザーには朗報だが、デベロッパーにとっては面倒な話だ。

iPadの画面分割マルチタスクと複数ユーザーログイン

Ipad pro 12inch stylus
iOS 8」に搭載されると言われたものの、結果的に見送られたiPadの画面分割マルチタスクがついに「iOS 9」で披露されるのではないかと噂されている。



この新機能によって画面を2分割、3分割にすることができ、3分割の場合は2つのアプリを並べて画面を3分1と3分の2に分けることができる。表示方法はアプリによって異なる。

他に、iPad向けに複数ユーザーによるログイン機能を準備していると言われているが、「iOS 9」の正式リリースには間に合わないとされている。

今後法人や教育機関向けにiPadを導入したいAppleとしては複数ログインは必要不可欠な機能の1つ。遅くとも来年までにはリリースされるのではないかと予想されている。


乗換案内機能に対応した純正マップアプリ

Maps transit ios9
Appleは「iOS 9」でようやく純正マップアプリに乗り換え案内機能を追加する見通しだが、リリース当初はアメリカやカナダの一部都市のみの対応となる。日本は次のアップデートで対応すると予想されているが、あくまでも「東京」のみとなっている。

屋内マップ機能も準備中だが、リリースは来年以降の可能性が高そうだ。


「HomeKit」対応デバイスを操作する「Home」アプリ

Homekit
「iOS 9」には「HomeKit」対応デバイスを管理する「Home」アプリが用意される。既に「HomeKit」対応デバイスが一部発表されている他、サポートドキュメントが公開され、Apple TV」が「HomeKit」のハブとして機能することも判明した。


「Swift 2.0」によるアプリ容量の削減

swift-blog.png
「iOS 9」には「Application Binary Interface(ABI)」と呼ばれるコードライブラリがOS側に用意されるとのこと。ユーザーとしても本体の容量を節約できるだけではなく、アプリをダウンロードする際の通信量を抑えることができる。

Spotlightにリコメンド機能を追加した「Proactive」

Siri on iPhone
「iOS 9」には新機能はほとんどないと言いつつも、Spotlightにリコメンド機能を追加した「Proactive」と呼ばれる注目機能が噂されている。

「iOS 6」の頃と同様にホーム画面の左側に設置され、検索キーワードに関するニュースも検索結果に表示することができる。最も魅力的なのはユーザーの行動をもとに最適な情報をリコメンドしてくれること。Apple版「Google Now」と言っても過言ではない。


「Force Touch(感圧タッチ)」対応機能の用意

IPhone 6s Force Touch
「iOS 9」には「Force Touch API」が用意されているとのこと。裏を返せば今後のiOSデバイスが感圧タッチに対応する可能性は限りなく100%に近いと思っていても問題無いだろう。

噂によると感圧トラックパッドに対応したMacで利用できる機能もiPhoneで使えるようになる見通し。純正マップアプリでピンを落としたり、押しの強さによって動画プレイヤーの早送り・巻き戻し速度を調整することもできるようになるそうだ。

ただ、iPhone向けの感圧タッチ機能は「Apple Watch」のように知らないと困るような機能はなく、「パワーユーザー向け」の機能になると指摘している。


続いては「OS X 10.11」、新しい音楽ストリーミングサービス、そして「Watch OS」に関する情報をどうぞ!

「OS X 10.11」:パフォーマンスやセキュリティが向上

「iOS 9」と同じく「OS X 10.11」はパフォーマンスや安定性、セキュリティの向上が主となっている。コードネームは「Gala」。

以下に現在分かっている情報をまとめておく!

新フォント「San Francisco」を採用

iOS 9 New Font San Francisco
「iOS 9」と同じく、「OS X 10.11」でもシステムフォントが「San Francisco」に変更されると言われている。Appleは両OSが正式にリリースされるであろう9月までに、デベロッパーに対してアプリを新フォントに合わせてデザインを調整するよう、指示するものと思われる。


コントロールセンターが追加

「OS X 10.10 Yosemite」スクリーンショットがリーク!
OS X Yosemite」に搭載される予定だった「コントロールセンター」がついに「OS X 10.11」で搭載されると噂されている。iOSでお馴染みのコントロールセンターと同じく明るさの調整や音量の他、Macをシャットダウンしたりスリープするためのボタンも用意される模様。

「Rootless」、「Trusted Wi-Fi」、「iCloud Drive」

Mac-Finder-Default-Folder-02.JPG
セキュリティ面が向上するのは「iOS 9」だけではなく、「OS X 10.11」も同様だ。同じく「Rootless」や「Trusted Wi-Fi」を採用する他、純正アプリをIMAPから「iCloud Drive」に移行する。


Apple Music」と「iTunes Radio」:日本はどうなる?

今年のWWDCで注目されているのはAppleが準備していると噂されている新しい音楽ストリーミングサービス「Apple Music」と刷新された「iTunes Radio」

以下にこれらの情報を改めてまとめておく。

Apple Music

Apple music

利用料金:月額9.99ドル、3ヶ月のお試し期間を提供

まずは「Apple Music」から。利用料金は月額9.99ドル。3ヶ月間の無料試聴期間が与えられるが、アーティストやレーベルのことを配慮し、広告などによる無料プランは提供しない。

なお、「Apple Music」はiPhoneだけではなくAndroidにも対応予定


アーティスト向けSNS機能

「Apple Music」には「Artist Activity」と呼ばれるSNS機能が用意される。アーティストは最新トラックのサンプルや写真、動画やコンサート情報を流すことができ、ユーザーはそれらに対してコメントやいいねすることができる。

Artist activity 【img via 9To5Mac

ユーザーはアーティストの最新情報を手に入れることができ、ワンタップで最新曲を購入できる。アーティストはユーザーと密なコミュニケーションを取ることができるようになり、新たなプロモーションの窓口として活用することができる。


iTunes Radio

David Guetta

DrakeやPharrell Williamsなど海外DJが参画

Appleは「iTunes Radio」のゲストDJとしてDrake、Pharrell Williams、David Guettaなどと交渉していると噂されている。Drakeに関しては1,900万ドルという契約金で交渉が進められているとのこと。


日本国内での展開は怪しい

日本におけるサービス展開だが、どうも雲行きが怪しい。というのも、目玉機能であるDJによるキュレーションに日本人DJの名前が挙がっていないからだ。選曲センスに定評のある、国民的知名度のある国内DJは正直、思い当たらない。

さらに今回、Appleが交渉していると言われているだユニバーサルミュージック、ソニー・ミュージックエンタテインメント、ワーナーミュージックはアメリカでは楽曲をほとんど網羅できるものの、国内では多くの人が視聴する邦楽がすっぽりと抜けている。聴きたい楽曲が無ければ利用者数は期待できない。

果たしてどうなるのか。


「Apple Watch」:ネイティブアプリ用SDKが登場か?

「Apple Watch」の電池持ちが改善される21のテクニック

ネイティブアプリ用「Watch Kit」

先日、Appleのオペレーション担当シニアバイスプレジデントであるJeff Williams氏が「WWDC 2015」でネイティブアプリ用「Watch Kit」を発表することを明らかにしている。

新しいSDKを使用することによってiPhoneと通信することなく「Apple Watch」内で完結するアプリを制作することが可能になる見通し。搭載されている各種センサーやデジタルクラウンにもアクセスすることが可能になるとのこと


次期「Watch OS」(コードネーム:Bondi)

また、9To5Macによると、Appleは「iOS 9」と連携する、内部でコードネーム「Bondi」と呼ばれている次期Watch OSバージョンを準備しているとのこと。

「Find my Watch(Watchを探す)」機能の用意

自身のWatchを見失った時に音を鳴らしてくれる「Find my Watch」や、iPhoneを忘れたまま出掛けてしまったことを「Apple Watch」が振動することによって知らせる機能「Smart Leashing」を準備中。

健康とフィットネスアプリのアップデート

具体的には通常の心拍数と比べて唐突な変化がある場合にユーザーに知らせる機能も開発中とされているが、信頼性やレギュレーションなどのハードルがあるため、実現しない可能性もある。

サードパーティアプリに関するアップデート

サードパーティアプリ向けにコンプリケーションを提供できるようにするとのこと。特定のアプリの最新情報を文字盤に直接置くことができるようになる。


新型「Apple TV」の発表は無さそう!「WWDC 2015」が楽しみだ!

今回、残念だったのは新型「Apple TV」の発表が見送られると言われていること。複数の海外メディアが報じていることから間違いない情報だと思われる。準備が間に合わず、5月半ばに見送ることが決定していたそうだ。


噂を振り返ってみると例年よりもワクワク感は控えめな「WWDC 2015」だが、それでも注目すべき内容は盛り沢山。今年も夜通し起きて更新する予定なので、お楽しみに!

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 僕が遭遇した15インチ型「MacBook Pro (Late 2016)」の不具合まとめ
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 「MacBook Pro (Late 2016)」専用のUSB-Cハブ「HyperDrive」が登場
  5. 精算不要の「Amazon Go」、登場!万引きにしか見えない最先端スーパー